IPO投資の成功法則とは?

工学博士とデータで学ぶ IPO投資の成功法則

IPO投資の魅力は、初心者でも簡単に実践できること、データ分析しながら効果的に成果を上げられることです。工学博士のたろけんと一緒にIPOを実践していきましょう。 当サイトは情報提供を目的としており特定の銘柄等を推奨するものではありません。投資に当たっては自己責任でお願いします。

リクルート(6098)上場!ヤマシンフィルタ(6240)と2銘柄分析

DZ083_L

ヤマシンフィルタ(6240)
【BB】9/19〜26 →【申込】9/30〜10/3 →【上場】10/8
【株数(千)】587=300(公)+210(売)+77(OA)
【上場先】東証2部
【幹事】野村、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、いちよし、大和、SBI、SMBCフレンド、岡三

リクルートホールディングス(6098)
【BB】9/30〜10/3 →【申込】10/7〜10/10 →【上場】10/16
【株数(千)】68,974=3,665+25,841(公)+34,070(売)+5,398(OA)
【上場先】未定
【幹事】野村、みずほ、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、大和、マネックス、いちよし、岩井コスモ、エース、SMBCフレンド、SBI、岡三、極東、東海東京、丸三、水戸

リクルートがでかい!ですね。
一つずつ見ていきましょうか。



ヤマシンフィルタ(6240)

社名が示すとおりのフィルタ専業メーカーで、
建機用フィルタ、産業用フィルタ、プロセス用フィルタ
の製造、販売を行っている会社。

建機用、産業用フィルタが「油」のフィルタ、
プロセス用フィルタが精密品用の「洗浄」フィルタ
とイメージすればざっくりと掴めると思います。


2014-09-13 18.17.27
第55期と第58期が赤字になっていますが、それぞれ


  • 55期:リーマンショックのせい
  • 58期:中国経済、欧州債務危機、タイの洪水による工場被害のせい

だそうです。


株数は58万株程度と少ないですが、
事業的には話題になりにくそうなので、
地味な値上がりになると予想されます。



リクルートホールディングス(6098)

言わずと知れたリクルート、

「え?上場してなかったの!?」
と驚く人も多いかも知れません。

今更感のある上場ですが、上場に関しては
数年前からひっそりと準備体制に入っていたようです。

ソニーの例を見ると、リクルート上場に踏み切れなかった| 江副浩正リクルート創業者インタビュー

リクルートなんて有名な企業の分析は
そこかしこのブログ、サイトで行われているようですので、
ここで改めてやることはしませんが、

僕のリクルートのイメージは
「起業(スタートアップ)を生み出す企業」
という感じですね。

なので、今さら上場して一般の株主に報告せにゃならん、
というのはなんとなくそれって合理的なのか?

という気がしないでもないです。


上場してリクルート株が「配当」なんか出しちゃったりする
イメージが湧きません(笑)

まぁ、ともあれ上場するってことですので
素直にお祝いしたいところですが、
IPO投資面から見た難点として「株数が多すぎる」。

IPO投資は本当に儲かるの?データで見る傾向と対策

に書いたとおり、大型上場というのは
初値の利回りが低い傾向があるので、
投資家としてはスルーしてもいいかもしれません。


まとめ


  • ヤマシンフィルタは業態が地味(あくまでも投資家から見て…)なので初値も地味かもしれない
  • リクルートは知名度抜群だけど、株数が多すぎてやっぱり初値が地味かもしれない


ということで、
個人的にはSBIのポイント稼ぎにしようかと思っています^^;


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 

投資で一喜一憂するのはもう疲れた。

長期投資を学ぶサイト
プロフィール

工学博士、ファイナンシャルプランナーの個人投資家、林 健太郎です。

株式を中心に、投資歴10年以上の工学博士。科学的、分析的なアプローチで、負けにくい投資を得意としています。

普段はインデックス投資、オルタナティブ投資が主体ですが、IPOは「新しく勢いのある企業」を勉強させて頂くために実践しています。

人気記事 BEST10
カテゴリー
最近の投稿