IPO投資の成功法則とは?

工学博士とデータで学ぶ IPO投資の成功法則

IPO投資の魅力は、初心者でも簡単に実践できること、データ分析しながら効果的に成果を上げられることです。工学博士のたろけんと一緒にIPOを実践していきましょう。 当サイトは情報提供を目的としており特定の銘柄等を推奨するものではありません。投資に当たっては自己責任でお願いします。

大塚製薬から分離独立したOATアグリオの今後は?

SN184_L

OATアグリオ詳細:TradersWeb
【BB】6/10〜16 →【申込】6/18〜23 →【上場】6/25
【株数(千)】:100(公)+700(売)+120(OA)
【幹事】大和、野村、SMBC日興、みずほ、岡三、東海東京、むさし、SBI証券

農薬、肥料開発事業のOATアグリオについて分析してみました。


事業概要

もともと大塚製薬から分離独立した会社で、以下の3つの事業が柱です。

2014-05-25 19.52.28

農薬事業については僕には正直よく分かりません(苦笑)

しかし、2013年度の海外の農薬市場は前年比109%で成長とのこと。アジアやアフリカで増え続ける人口を支えるための食糧増産のための技術として、日本よりも世界の方で農薬は期待されているようです。


売上の推移は

2014-05-25 20.04.01
SBI証券 ブックビルディング情報より

で、かなり堅調と言えます。2014/03までは駆け込みもあったので想定以上に多い実績と思いますが、それでも前期越えはかなりの確率で期待できるんじゃないかと推測します。



初値分析

目論見書によれば、想定PERが14.3倍、業界平均が15倍ですので、想定内価格。ただ、地味な印象を受ける銘柄ですので、初値が飛ぶかというとそれは無いと予想しています。

足元の業績は好調ですので、投資家目線ではなかなか良い銘柄のような気がしますが、売出が公募の7倍ありますので、そのへんを市場がどう評価するのかもポイントですね。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 

投資で一喜一憂するのはもう疲れた。

長期投資を学ぶサイト
プロフィール

工学博士、ファイナンシャルプランナーの個人投資家、林 健太郎です。

株式を中心に、投資歴10年以上の工学博士。科学的、分析的なアプローチで、負けにくい投資を得意としています。

普段はインデックス投資、オルタナティブ投資が主体ですが、IPOは「新しく勢いのある企業」を勉強させて頂くために実践しています。

人気記事 BEST10
カテゴリー
最近の投稿