IPO投資の成功法則とは?

工学博士とデータで学ぶ IPO投資の成功法則

IPO投資の魅力は、初心者でも簡単に実践できること、データ分析しながら効果的に成果を上げられることです。工学博士のたろけんと一緒にIPOを実践していきましょう。 当サイトは情報提供を目的としており特定の銘柄等を推奨するものではありません。投資に当たっては自己責任でお願いします。

日本ビューホテル(6097)の分析と補欠当選

2014-06-27 11.32.06

日本ビューホテル(6097)
【BB】7/7〜11 →【申込】7/15〜18 →【上場】7/23
【株数(千)】1,260=125(公)+1,000(売)+135(OA)
【上場先】
【幹事】大和、みずほ、SMBC日興、野村、SBI

ビューホテルと全然関係ありませんが
ECナビのVOYAGE GROUPが補欠当選しました。


ま、とは言っても補欠なんで、ほぼ当たらないとは思いますが(苦笑)
ここのところ落選が続いていたので気分だけでも嬉しいです。

気分を盛り上げるために貼っておきますw

2014-06-27 11.22.33

データを元に、当選確率の高い証券会社に
申し込めている証拠だと思いますね。

IPOの基本、申込み先の分析など
こちらのメルマガで詳しくお伝えしていますので
IPO当選に興味のある方はご参加ください。

工学博士が教えるIPO投資の成功法則

一つでも当選させて、
梅雨のうっとうしさを吹き飛ばしたいところですね!



日本ビューホテルの分析

2014-06-27 10.39.31 日本ビューホテルグループは関東を中心に沖縄エリアをカバーしているホテルチェーンです。
(右図は日本ビューホテルHPより引用)


前進は栃木県ですが、那須観光株式会社が日本ビューホテルの始まりのようです。

その後バブル景気の波に乗って投資・事業を拡大したがバブル崩壊の煽りを受けて2001年に民事再生…というまぁよくあるパターンですね。


経営再建完了したので上場します〜という感じです。


具体的に財務を見ると、有利子負債(長期借入金)34.3億に対して、
現預金が33.4億あり、今は健全な経営を行っているようです。

まぁ、民事再生後の上場ですから、
当たり前といえば当たり前なんですが…。

公募:売出=1:8 で、
売出元は100%エムシーピースリー投資事業有限責任組合ですから
明らかにイグジット(投資回収)のための上場ですね。


事業のほうはというと
売上136億に対し、
売上高営業利益率が5.1%程度。

上場ホテルグループと比較すると、

帝国ホテル     :6.72%
日本ビューホテル  :5.1%
京都ホテル     :3.78%
ホテルニューグランド:3.48%
ロイヤルホテル   :2.54%

なかなかの健闘ぶりです。


観光も日本の貴重な経済資源ですので、
頑張って欲しいですね。


初値はどう見る?

ただ、正直こういう案件の初値は渋いのでは?
と感じます。

ベンチャー企業というわけでもないので話題性は感じませんし、
観光ホテルという業態も新味があるわけではありません。

円安効果により海外旅行者が増えていますし
景気回復による効果もありますので
観光ホテル業界もそこそこ追い風だとは思いますが

だからと言って初値が高騰するようなことは
なかなかないかなと思います。


ただし逆に言えば応募者が少ない可能性もあるので
穴場狙い的に申し込んでも面白いかも知れません。


一応こういうブログをやってますんで(笑)
僕は申し込んでみますが、

IPO投資の評価としては「ニュートラル」でいきます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 

投資で一喜一憂するのはもう疲れた。

長期投資を学ぶサイト
プロフィール

工学博士、ファイナンシャルプランナーの個人投資家、林 健太郎です。

株式を中心に、投資歴10年以上の工学博士。科学的、分析的なアプローチで、負けにくい投資を得意としています。

普段はインデックス投資、オルタナティブ投資が主体ですが、IPOは「新しく勢いのある企業」を勉強させて頂くために実践しています。

人気記事 BEST10
カテゴリー
最近の投稿