IPO投資の成功法則とは?

工学博士とデータで学ぶ IPO投資の成功法則

IPO投資の魅力は、初心者でも簡単に実践できること、データ分析しながら効果的に成果を上げられることです。工学博士のたろけんと一緒にIPOを実践していきましょう。 当サイトは情報提供を目的としており特定の銘柄等を推奨するものではありません。投資に当たっては自己責任でお願いします。

SBI証券の研究

2014-05-28 19.46.19

いまや押しも押されぬ、ネット証券大手の一角、SBI証券。

僕もいろんな場面でお世話になっている証券会社ですが、
IPOがらみで改めて調べてみました。

SBIでIPO活用するなら、まずこの方法でしょう。


SBIに死角なし?

取扱商品の種類も、それぞれの商品数もずば抜けて多いのがSBI証券です。およそ個人で取引できる金融商品は全部ここにあるんじゃないかと錯覚するぐらいの豊富さ。

正直僕もSBI証券の全ての商品に目を通したわけではありません(というか、多すぎて無理です)。

「金融商品の百貨店」のような立ち位置ですね。かといって手数料が高いかというとそうでもなくて、大手ネット証券の中でも最安クラスの手数料を維持しています。(手数料比較についてはこちらの証券会社の手数料は安いところがいいと思っていませんか?記事も参考にしてください)

売買手段もPC、スマホ(携帯)、コールセンターと全て取り揃え、かつアドバイザー付きのコースも選べます。

まさに大手証券らしい、全方位戦略の会社です。



投資情報

そんな優等生的SBIが提供する投資情報はどんなものかというと、まずはこちらの初心者向けコンテンツ。

2014-05-28 16.05.58

投資を学ぼう|SBI証券より)

基本中の基本が学べるコンテンツで、意外とこうした基本情報を提供していない証券会社も多いんですよね。

特に「動画で外国株式入門!」で出てくるおねえさんがちょっと気になりました(笑)

IPO投資は初値で売り抜けるイメージが強いですが、そのまま保有してもいいわけです。ですので、株式の基本的な知識はできれば押さえておきたいところですね。


これだけだと投資に詳しい人には物足りないですが、そういう場合はセミナー動画がお勧め。

2014-05-28 16.09.11
新着セミナー|SBI証券

自社商品の紹介みたいなのも多いですが、僕が調べたときは「ウクライナ情勢に投資家はどう備えるか?」みたいなセミナーもあり、結構役に立つと思います。

IPOは相場全体の「波」にも左右される面がありますので、相場の情報も随時チェックするといいと思います。



IPOチャレンジポイント

さてBBに関して言えば、SBIは「IPOチャレンジポイント」という独自のポイント制を導入していることで有名ですよね。

IPOチャレンジポイントとは要は、IPOに外れた人に1ポイントずつ加算し、次のIPOに当たりやすくしよう、という仕組みなんです。

これはSBI証券のIPO抽選方式とも密接に関係していて、SBIは申し込み株数が多い人ほど当たりやすい、「傾斜抽選」を実施しています。どういうことが起きるかというと、申し込み数の多い、いわば資金力のある人ばかりがIPOに当たってしまうことになります。そうすると資金力の無い個人はシラけてしまって、SBIのIPOが全然盛り上がらず、特定の個人ばかりにIPO株が流れるということになってしまいます。

これが実は問題で、「株券等の配分を行うに際して、当社はあらかじめお客様の需要動向の把握に努め、適切な募集等の取扱いを行うとともに、公正な配分に努めることを基本方針としております」というIPOの方針に反することになるわけです。
(参考:SBI証券の募集などに係る株券等の顧客への配分に係る基本方針


そこで、IPOチャレンジポイントという制度を追加することでこの問題を緩和している、ということだと思います。


実際問題としては70%が資金力のある人に分配され、残りの30%がIPOチャレンジポイントに応じて分配されますから、SBIのIPOはほぼ「弱肉強食」の世界といってもいいと思いますが、まぁ、僕みたいな貧乏人も(苦笑)コツコツとIPOチャレンジポイントを積み立てていけばなんとかチャンスはある、ということですね。



IPOにおけるSBI証券の活用法

以上のような特徴があるSBIですが、活用方法はただ一つ。

とにかくIPOチャレンジポイントを貯めて、イザというときにガツンと使う

ということ。これに尽きます。

そのためには普段からコツコツとIPOのBBに申込み続ける必要があります。しんどくは無いんですが、大変地道な作業ですね(笑)。


でも地道な努力をするだけで当たりやすくなるんなら、全然やって損は無いと思います。


SBI証券の口座開設してない方はほとんど居ないとは思いますが、もしまだなら早めに済ませておきましょう。


SBI

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 

投資で一喜一憂するのはもう疲れた。

長期投資を学ぶサイト
プロフィール

工学博士、ファイナンシャルプランナーの個人投資家、林 健太郎です。

株式を中心に、投資歴10年以上の工学博士。科学的、分析的なアプローチで、負けにくい投資を得意としています。

普段はインデックス投資、オルタナティブ投資が主体ですが、IPOは「新しく勢いのある企業」を勉強させて頂くために実践しています。

人気記事 BEST10
カテゴリー
最近の投稿