IPO投資の成功法則とは?

工学博士とデータで学ぶ IPO投資の成功法則

IPO投資の魅力は、初心者でも簡単に実践できること、データ分析しながら効果的に成果を上げられることです。工学博士のたろけんと一緒にIPOを実践していきましょう。 当サイトは情報提供を目的としており特定の銘柄等を推奨するものではありません。投資に当たっては自己責任でお願いします。

ムゲンエステート(3299) IPO分析、やや難有りか?(5/22 東武住販 初値更新)

ムゲンエステート(3299)
【BB】6/2〜6 →【申込】6/10〜13 →【上場】6/18
【株数(千)】2,990=(公)2,300+(売)300+(OA)390
【幹事】いちよし、野村、みずほ、三菱UFJモルガン・スタンレー、大和、岡三、極東、東洋、岩井コスモ、エース、SMBC日興、SBI、マネックス、丸三

初値予想、分析は各ブロガーさん、例えばIPOストライカーさんのブログでも分析されているようですが、僕の方では少しアプローチを変えて分析してみます。
ムゲンエステート(3299) IPO分析、やや難有りか?(5/22 東武住販 初値更新)の続きを読む »»

プロフィール

工学博士、ファイナンシャルプランナーの個人投資家、林 健太郎です。

株式を中心に、投資歴10年以上の工学博士。科学的、分析的なアプローチで、負けにくい投資を得意としています。

普段はインデックス投資、オルタナティブ投資が主体ですが、IPOは「新しく勢いのある企業」を勉強させて頂くために実践しています。

人気記事 BEST10
カテゴリー
最近の投稿