リクルート(6098)上場!ヤマシンフィルタ(6240)と2銘柄分析

ヤマシンフィルタ(6240)
【BB】9/19〜26 →【申込】9/30〜10/3 →【上場】10/8
【株数(千)】587=300(公)+210(売)+77(OA)
【上場先】東証2部
【幹事】野村、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、いちよし、大和、SBI、SMBCフレンド、岡三

リクルートホールディングス(6098)
【BB】9/30〜10/3 →【申込】10/7〜10/10 →【上場】10/16
【株数(千)】68,974=3,665+25,841(公)+34,070(売)+5,398(OA)
【上場先】未定
【幹事】野村、みずほ、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、大和、マネックス、いちよし、岩井コスモ、エース、SMBCフレンド、SBI、岡三、極東、東海東京、丸三、水戸

リクルートがでかい!ですね。
一つずつ見ていきましょうか。

ヤマシンフィルタ(6240)

社名が示すとおりのフィルタ専業メーカーで、
建機用フィルタ、産業用フィルタ、プロセス用フィルタ
の製造、販売を行っている会社。

建機用、産業用フィルタが「油」のフィルタ、
プロセス用フィルタが精密品用の「洗浄」フィルタ
とイメージすればざっくりと掴めると思います。

2014-09-13 18.17.27

第55期と第58期が赤字になっていますが、それぞれ
[imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 55期:リーマンショックのせい
  • 58期:中国経済、欧州債務危機、タイの洪水による工場被害のせい
  • [/imglist]
    だそうです。

    株数は58万株程度と少ないですが、
    事業的には話題になりにくそうなので、
    地味な値上がりになると予想されます。

    リクルートホールディングス(6098)

    言わずと知れたリクルート、

    「え?上場してなかったの!?」
    と驚く人も多いかも知れません。

    今更感のある上場ですが、上場に関しては
    数年前からひっそりと準備体制に入っていたようです。

    ソニーの例を見ると、リクルート上場に踏み切れなかった| 江副浩正リクルート創業者インタビュー

    リクルートなんて有名な企業の分析は
    そこかしこのブログ、サイトで行われているようですので、
    ここで改めてやることはしませんが、

    僕のリクルートのイメージは
    「起業(スタートアップ)を生み出す企業」
    という感じですね。

    なので、今さら上場して一般の株主に報告せにゃならん、
    というのはなんとなくそれって合理的なのか?

    という気がしないでもないです。

    上場してリクルート株が「配当」なんか出しちゃったりする
    イメージが湧きません(笑)

    まぁ、ともあれ上場するってことですので
    素直にお祝いしたいところですが、
    IPO投資面から見た難点として「株数が多すぎる」。

    IPO投資は本当に儲かるの?データで見る傾向と対策

    に書いたとおり、大型上場というのは
    初値の利回りが低い傾向があるので、
    投資家としてはスルーしてもいいかもしれません。

    まとめ

    [imglist icon=”check1″ color=”red”]

  • ヤマシンフィルタは業態が地味(あくまでも投資家から見て…)なので初値も地味かもしれない
  • リクルートは知名度抜群だけど、株数が多すぎてやっぱり初値が地味かもしれない
  • [/imglist]

    ということで、
    個人的にはSBIのポイント稼ぎにしようかと思っています^^;

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました