IPO投資は本当に儲かるの?データで見る傾向と対策

儲かる儲かる、と言われるIPO投資ですが、実際のところはどうなんでしょうか。

データ分析してみたところ、IPO投資は確かに儲かります。

が、もっと効率よく儲ける方法があることも分かりました。

以下、Yahoo!ファイナンスが公開しているデータを元に、独自に分析していきます。Yahoo!ファイナンスが2009年以降のIPO情報を公開していますので、2009年以降の分析となります。

年ベースの騰落率

まずは基本の分析、年毎の平均騰落率について。2009/01から2014/05までのデータです。

2014-05-24 17.43.03

ここでいう騰落率とは公募値から初値の上昇率のことで、例えば公募値が1,000円で初値が1,100円なら騰落率10%、900円なら騰落率-10%になります。いわゆる、投資リターンだと思ってください。

年毎での平均ではマイナスはなく、毎年儲かっていることになります。ここに日経平均(日経225)のチャートを持ってくると

2014-05-24 17.58.39
楽天証券より

なんとなく、上の騰落率グラフとパターンが似ていますね。

このように騰落率は相場のエネルギーの影響を受けるようですが、日経平均がズルズルと下げ続けていた2010〜2012年の間も、24〜49%のリターンという驚異的なパフォーマンスを見せています。

IPO投資がいかに勝ちやすいかが伺えますね。

だからといって、全くリスクがないわけではありません。

2014-05-24 18.29.05

全体のうち、公募割れが21%、つまり5本に1本は公募割れの可能性があるということになります。

そこで、勝率を上げていくためのヒントになるデータを探してみましょう。

公募値位置と騰落率

公募値位置とは僕の独自尺度で、仮条件と公募値との位置関係を0から100%で表したものです。例えば仮条件が1,000円から2,000円だったとして、公募値が1,000円なら公募値位置は0%、1,500円なら50%、2,000円なら100%となります。

この公募値位置と騰落率との関係がこちら。

2014-05-24 17.11.38

公募値位置が40%以下ならプラマイトントン、40から80%でリターン12.1%、80%以上で71.7%となり、全体では60.4%となっています。

そのため、対策としては例えば
[imglist icon=”check1″ color=”red”]

  • BB後公募値位置が50%以下のような場合、つまり公募値が仮条件の中央以下になりそうなIPOには参加しない
  • [/imglist]
    といった戦略が考えられます。

    公開株数と騰落率

    公開株数と騰落率についても見てみました。公開株数は対数メモリにしてあります。

    2014-05-24 18.35.20

    ここにも明確な相関関係があり、公開株数が増えるほどパフォーマンスが低下しやすい傾向が見られます。例えば1,000万株以上のIPOですと、ほとんどリターンがありません。

    メカニズムはよく分からないのですが、株数が多すぎるとBBでの値付けと初値(板寄せ)の値付けが拮抗していくイメージでしょうか。

    JALのような大型上場となりますので、変に皆知ってて人気化しにくい、というのもあるかも知れませんね。

    戦略としては
    [imglist icon=”check1″ color=”red”]

  • 公開株数が1,000万以上のBBには参加しない
  • [/imglist]
    などが考えられます。

    パフォーマンスを上げる戦略まとめ

    いくつかのデータで、IPO投資のパフォーマンスを上げる戦略を考えてみました。
    もう一度まとめておきます。
    [imglist icon=”check1″ color=”red”]

  • BB後公募値位置が50%以下のような場合、つまり公募値が仮条件の中央以下になりそうなIPOには参加しない
  • 公開株数が1,000万以上のBBには参加しない
  • [/imglist]
    あくまでも戦略の一例ですので、データをご覧頂き、独自の戦略を立ててみるのがいいと思いますね。

    切り口によって、様々な戦略が考えられます。

    もし面白い切り口が思いつけば、コメント欄に記入してください。

    こちらでデータ分析してみたいと思います。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました